自宅をDIYでリフォームしようと考えている方も多いかもしれませんが、配線の取り付けなど電気工事リフォームは危険性が高いですから、資格を取るか業者に依頼するのがオススメですよ。

安全に電気工事を行うためには電気工事士という国家資格が必要であり、資格を持っていない人が配線を弄るようなリフォーム工事を行うと法律違反になり、罰金や懲役が科せられる可能性も考えられるそうです。

電気工事にも色々あり、比較的簡単なリフォーム内容であればDIYでも問題ないかもしれませんが、素人が安易に配線を触るリフォームを行うと、感電や漏電、火事など事故に繋がる可能性が高くて危険ですよ。

電気関係のリフォームをお考えの方は、リフォーム経験豊富な業者に相談してみると良いでしょう。

Previous post DIYリフォームに必要な工具とは?
Next post リフォームしてペット専用の洗い場を設置しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です