自宅の浴室は長年使っていると不具合が出たり劣化していくため、ずっと快適に使い続けるためにはリフォームする事も大切ですが、DIYリフォームではどんな事ができるでしょうか?

壁や床に浴室用のシートやフィルムを貼り付ける方法は、カッターやヘラ、下塗り材やマスキングテープなどを活用して作業しましょう。

浴室のDIYリフォームでは、パッキン部分にコーキング材を活用する事になりますよ。

バスタブの交換や給排水管の移動などはDIYでは難しいですから、業者に依頼してリフォームすると良いでしょう。

DIYリフォームは自己責任ですから不安があるなら業者に依頼するのが確実ですが、予算を抑えてリフォームしたいのであれば、DIYのリスクをきちんと理解した上でできる範囲でやってみてはいかがでしょう。

Previous post 愛犬のためのお庭リフォーム、そのポイントとは?
Next post リフォームするならお祓いは必要?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です