費用を抑えるために自宅をDIYでリフォームしようと考えている方も多いかもしれませんが、やってはいけないと言われているDIYリフォームもありますのでご紹介いたします。

間取りを変更するために柱や壁を壊すというDIYリフォームはやってはいけないので、耐震面や家の構造を考慮するなら規模の大きいリフォームは実績の豊富な業者に相談してリフォームを行いましょう。

水道管の移動や増設、ガスなどの配管工事にも資格が必要ですから、場所を移動するからといって勝手にDIYリフォームをやってはいけないのです。

電気の配線工事には電気工事士の資格が必要ですし、安全面の観点からも資格を持っていないならDIYリフォームをやってはいけないのです。

Previous post リフォームするならお祓いは必要?
Next post 壁をリフォームするならアクセントクロスがオススメ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です