ヴィンテージな部屋に憧れているという方は多いかもしれませんが、DIYリフォームで実現する際のポイントについてご紹介いたします。

ヴィンテージの特徴として、使い古された味わい深い雰囲気が特徴的ですが、コンクリートや木材、鉄や革などの素材感を活かして下地を見せるリフォームを行ったりして個性的な空間を作りましょう。

壁紙や床材では、壁紙にヴィンテージ風なリメイクシートを張り付けたり、ヴィンテージ風の棚やアイテムを飾ってみたり、好みのデザインに変更するのがオススメですよ。

あえて廃材風の経年劣化のようなデザインを取り入れたり、家具や雑貨に古材を取り入れてみたり、観葉植物を飾ってみるのも良いでしょう。

リフォームで、こだわりのヴィンテージテイストを自宅で実現してみてはいかがでしょう。

Previous post 壁をリフォームするならアクセントクロスがオススメ?
Next post DIYリフォームでアンティーク調の空間を実現できる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です