壁紙リフォームはどんなタイミングで行うと良いのでしょうか?

壁紙の耐用年数は一般的に10年だと言われていますが、目安より年数が短くても傷や汚れが気になりだしたら張り替えを検討する時期だと言えるでしょう。

壁紙を長く愛用したいと考えているなら、日頃から掃除してお手入れを行ったり、劣化を見つけたら補修するようにしましょう。

日光による日焼けも壁紙を傷める原因ですし、普段から部屋で喫煙している場合は、タバコの臭いやヤニの色が壁紙に染み付いて汚れてしまうため、壁紙が劣化しやすくなる事が考えられますよ。

壁紙を劣化したまま放置していると、壁紙以外の部分に影響が出たり、リフォーム費用が高くなってしまう事が考えられますので、早めにリフォームして改善した方が良いでしょう。

Previous post 狭い空間もオシャレにリフォームする方法とは?
Next post 天井はDIYでリフォームできるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。