自宅のリフォーム中、家具が邪魔になる場合は別の部屋に移動させる必要があるため、移動場所を事前に用意しておきましょう。

大型の家具家電など移動が難しい場合は、家具や家電が置かれていないスペースのリフォームを優先して行うと良いでしょう。

自宅に家具や家電を保管しておくスペースがないのであれば、置き場所を確保するために自宅の掃除や片付けをして使っていない家具を減らしたり、レンタル倉庫やトランクルームなどを利用するのがオススメです。

仮住まいに引っ越す必要がある大規模なリフォームを行う場合も、家具が工事の邪魔になるのであれば移動させておかなくてはいけません。

また、引越し業者が預かってくれる場合もありますので、荷物預かりのサービスを利用するのも良いでしょう。

Previous post 天井はDIYでリフォームできるのか?
Next post 玄関リフォームで土間収納を後付けするメリットとデメリットとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。