リフォームするなら、トラブル対策として瑕疵保険について知っておくと良いでしょう。

瑕疵とは契約した通りの品質の保証ができていないという意味です。

リフォームで瑕疵保険に加入しておくメリットとして、リフォーム工事の内容を保証してくれたり、もしリフォーム工事後に何らかの欠陥が見つかったり、安全基準を満たしていない場合に補償費用を保険でまかなえるのです。

保険料が高額な傾向があるため、本当に必要かよく考えてから加入する事になるでしょう。

基本的に、瑕疵保険に加入するのはリフォーム工事を依頼する客ではなく、リフォーム工事を行うリフォーム業者が加入する事になるため、業者選びをする際には瑕疵保険の有無についても確認しておくと良いでしょう。

Previous post 玄関リフォームで土間収納を後付けするメリットとデメリットとは?
Next post ガスコンロはDIYリフォームで交換できるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。